BLOG ブログ

福島県で建設業許可の取得をお考えですか?

福島県で建設業許可の取得をお考えですか?

福島県で建設業許可を新規に取得したいとお考えの建設業者様で、こんなことでお困りではありませんか?

  • 元請けや取引先から建設業許可を取るように言われた。
  • 仕事の規模が大きくなってきたので500万円以上の工事をしたい。
  • 建設業許可を取りたくて調べてみたが、手続きが複雑でよくわからない。
  • 自分で手続きをしようとしてみたが、仕事が忙しくて手が回らない。

このようなことでお困りの建設業者様は多くいらっしゃいます。

しかし、建設業許可の手続きは複雑で手引きも細かいため、「そもそも建設業許可は取れるのかわからない」、「手続きに時間が割けず、許可は欲しいのになかなか許可を取れない」という状況に陥ってしまうことも多いのではないでしょうか。

実際に当事務所にご相談いただく方にもこういった建設事業者様は多くいらっしゃいます。

建設業許可取得のポイント

いざ建設業許可を取ろうと動き出すと、まずこのようなことで困る方が多いです。

  • まずは何からはじめればいいのかわからない
  • 手引きを読んだが許可が取れるのかわからない
  • どんな書類を集めればいいのかわからない

建設業許可の手続きについては、各自治体が手引きを発行しており、福島県も例外ではありません。

しかし、手引きを読んだとしても、内容が細かいため簡単には手続きの全体像を把握できないという方がほとんどです。

実際私たち行政書士も、一読してすべてを理解しているわけではなく、役所とのやり取りを何度も経て理解していますので、これを忙しい建設事業者様がご自身で行うのは難しいという面があります。

そこでまず建設業許可を取得する手続きに着手したら、こんなポイントをチェックしてみましょう。

  • 建設業における経営経験が許可要件を満たしているか、または組織として適正な経営体制が確保されているか
  • 適切な社会保険に加入しているか
  • 一定の資格または経験を有した者(専任技術者)がいるか
  • 自己資本が500万円以上あるか、または500万円の資金調達能力があるか
  • 欠格要件に該当していないか
  • 上記のことを証明する書類はあるか

もちろん要件に該当しなければ話にならないのですが、実は最後のポイントである「書類」もまた、建設業許可を取得するために重要な意味を持ちます。

新しく会社を作って、新規で建設業許可を取ろうとしている人がいるとします。
「私は過去に5年間、個人事業主として塗装工事を請け負っていた」と主張しています。
「建設業に関し五年以上経営業務の管理責任者としての経験を有する者」が役員にいれば、その会社は最初のポイントをクリアします。

しかし、ただ単に主張するだけで認めてもらえるでしょうか。
当たり前のことかもしれませんが、事実があったとしてもそれを証明するもの(書類)がなければダメなのです。

アゴラ行政書士事務所の建設業サポート

このように福島県で建設業許可を取得しようと思うと、多くの要件をクリアし、大量の書類を集め、大量の書類を作成しなければならず、仕事の合間に手続きをするのは難しい、面倒だという方も多くいらっしゃいます。

当事務所では、そんな福島県の建設事業者様の建設業許可取得のお手伝いをしておりますので、福島県の建設業許可でお困りの方はぜひ一度ご相談ください。

サポート内容

当事務所が行うサポートとお客様にやっていただくことをご説明します。
お客様にやっていただくことが極力少なくなるようにしておりますので、ご協力をお願いします。

当事務所が行うサポート

  • 電話、メールによるお問い合わせ
  • 訪問によるご相談

    ~ここまでは無料での対応となります~
  • 県の担当者との打ち合わせ
  • 以下の書類の代理取得
    • 住民票
    • 身分証明書
    • 登記されていないことの証明書
    • 納税証明書
    • 登記事項証明書
  • 確認資料の整理
  • 営業所の写真撮影
  • 許可申請書の作成
  • 提出の代行(補正を求められたときの対応を含む)
  • 許可証の受領

お客様にやっていただくこと

  • 確認書類の収集
    • 常勤役員等、専任技術者の常勤性の確認資料
    • 財産的基礎の確認資料
    • 適切な経営体制の確認資料
    • 実務経験の確認資料
    • 保険加入状況の確認資料

どのような資料が必要なのかは、具体的に提示しますのでご安心ください。
多くの資料はお客様のお手元にあるかと思います。

建設業許可がどれくらいの速さで取得できるかは、確認資料の収集の速さにかかっています。
精一杯サポートいたしますので、ご協力ください。

サポート料金

当事務所のサポート料金については以下の通りとなっております。

サービス料金(税別)申請手数料(証紙代)
建設業許可申請(新規)13万円~15万円9万円

料金に幅がありますが、これは確認資料の量によります。
確認資料が多ければ多いほど、作業量が増えますのでご理解ください。

原則的には15万円を上回ることはないですが、通常より短期間での取得の依頼については「特急料金」をいだたく場合がありますので、事前にご相談ください。

料金のお支払いは原則的に前払いをお願いしております。
万が一許可がとれなかった場合には全額返金いたします。

ご相談から建設業許可取得までの流れと必要な期間

次に最初のお問合せから許可の取得までの流れについてご説明します。

  1. まずはお電話ください

    お電話の中でいくつかの質問をさせていただきます。
    許可取得の可能性がある場合には次のスッテプに進みます。

  2. 御社にお伺いします

    行政書士がお客様の事務所にお伺いし、資料を拝見させていただきます。
    確認資料が揃っている(これから揃えることができる)か確認いたします。
    申請が可能かどうか判断いたします。

  3. どうぞご依頼ください

    申請が可能と判断した場合、ご依頼を承ります。
    対応が悪かった場合にはお断りいただいても構いません。

  4. 書類を集め、申請書類を作成します

    行政書士が取得する書類とお客様が準備する書類を整理し、申請書類を作成します。

    ※確認資料の量にもよりますが、ここまでの準備期間として1か月~1か月半をいただいています。
    お急ぎの方は別途ご相談ください。

  5. 県の申請窓口に申請書類を提出します

    申請書類と確認書類を揃えて、行政書士が申請窓口に申請書を提出します。
    福島県の審査に要する期間は、およそ1か月となっております。
    (現在は新型コロナウイルス感染症の影響下にあり、通常より期間がかかる場合があります)

  6. 許可証を受領します

    県からの通知が届いたら、行政書士が許可証を受領し、お客様にお届けします。
    許可があった日から営業が可能になります。
    標識(看板)の設置も忘れずにお願いします。

    ※以上が依頼を受けてからの全体の流れになります。
    相談の日から許可が下りるまでの期間については、余裕を持って3か月を目途にしていただければと思います。

    できる限り、早い時期での許可取得を目指します。

    (10月9日現在、新型コロナウイルス感染症への対応のため、申請書の提出と許可証の受領は郵送となっています)

ご相談について

実際にご依頼をいただく前の相談については、一切料金はいただきません。

二本松市・本宮市・大玉村・福島市・郡山市のお客様については、無料にて出張相談対応中です。

建設業許可に必要な請求書などの資料は御社に保管されているため、できる限り確実に許可が取得できるよう、お伺いの上で許可要件をしっかり確認させていただいております。

土曜日は通常営業により、日曜日には事前の連絡により対応しています。

お電話の際には、「ホームページを見た」と仰っていただければ、スムーズな対応ができるかと思います。
0243-24-8694まで、お電話お待ちしております(相談無料です)。